お肌が黄色くなるのは糖化が原因!改善法と糖化を防ぐ方法をご紹介!

スポンサーリンク

最近、お肌のくすみやお肌が黄色くなってきたと心配しているあなた。
それは体が糖化している証拠です。

甘い物や焦げたものを食べ過ぎると、お肌も体も糖化していきますよ。

糖化は老化の進行や病気になりやすくなります。

糖化と同じような言葉で酸化というのもありますね。
糖化は「焦げ」酸化は「サビ」

この両方を予防しないと、どんどん老けていきます。
今回は糖化の原因と改善法糖化を防ぐにはどうしたらいいのかご紹介します。

肌が黄色くなるのは糖化が原因?

最近、肌が黄色くなってきた
肌がくすんでる?

そんな人は糖化が進んでいるのかもしれません。
今一度、食生活を見直す必要があります。

糖化とは?

糖化はいわゆる「焦げ」のことです。

甘いものをよく食べたり、焦げたものを食べることで起こると言われていますが、それだけではなく何もしなくても体内で糖化は進んでいくと言われています。

AGEには2種類あります。

内因的なAGE→体内で作られる(血糖値が上がるから)
外因的なAGE→食べ物から体内に入る(食べ物の7%)

AGEの蓄積量は「血糖値×持続時間」で決まります。

炭水化物や甘いものなどの糖質をたくさん摂っていると、食後血糖値が急激に上がり、膵臓からインスリンが分泌されます。

インスリンは血糖値を下げて糖質をエネルギーに変える働きをするのですが、この時に余った糖分がタンパク質と結びついてAGE(終末糖化産物)となります。

AGEは一度できてしまうと元に戻らないので終末糖化産物と言われています。

タンパク質+糖質+熱=糖化と考えてください。

くすみやたるみなどの肌の老化には、糖化が大きく関わっていると言われています。

またお肌だけではなく、AGEが溜まることで体も老化が早くなります。
老化の進んだ体はがんや動脈硬化などの病気と繋がりやすくなります。

一方、よく聞く「酸化」

これは体がサビることです。
人は呼吸をして体の中に酸素を取り込みます。

この酸素に紫外線が加わると活性酸素となり、体にとって有害な物質に変わります。

そして肌細胞が過酸化脂質物質となり、肌荒れ、くすみ、シミの原因になります。

いつまでも若々しい肌でいるためには、糖化、酸化を防ぐ食品を食べる事!

そして出来てしまったAGEを蓄積させないことが重要になります。

スポンサーリンク

糖化の改善法

改善方法は、外からアプローチする方法と中からアプローチする方法がります。

糖化を外から防ぐ

外からアプローチするにはスキンケアを糖化専用化粧品に変えるのも一つの手段です。

おすすめの糖化専用化粧品


こちらは美容液なので、いつものラインに追加するだけ!
1回使いきりタイプなので酸化を防いで、いつでも新鮮な状態で使用する事が出来ます。

ビタミンC誘導体が入っているので黄ぐすみをなくして美白へと導いてくれます。


こちらの商品は、ナノタイプになっているのでお肌へスーッとしみ込んでくれます。
口コミでも黄ぐすみがとれると好評です。
また使用感もしっとりして、ほうれい線が気にならなくなってきたという人もいます。

適度な運動

運動不足は血糖値をあげてしまいます。
適度にウオーキングをするなど軽い運動を心がけましょう。

睡眠を大切に

肌のターンオーバーに重要な睡眠の時間帯は午後10時~午前2時と言われています。

この時間帯に睡眠をとるようにしてください。
そして睡眠も良質な睡眠を取ることが重要です。

規則正しい生活

良質な睡眠をとるには規則正しい生活が大切です。
質のいい腹八部目のご飯を寝る3時間前には取るようにしてください。

そして寝る2時間前には、ゆっくり湯船に使って入浴する事です。

紫外線対策

紫外線も糖化の原因になります。
紫外線は夏だけではありません。
通年、対策をするようにしてください。

糖化を中から防ぐ

今度は中から糖化にアプローチする方法です。
これには食生活を変えることが重要です。

調理方法を変える

揚げたり、焼いたりすると焦げる可能性があります。
焦げはAGEの原因になります。
なるべく蒸し料理や生のままか煮物を食べるようにしましょう。

AGEが発生する順番は

生→蒸す・茹でる→煮る→炒める→焼く→揚げる

と考えてください。

糖質を取り過ぎない

ご飯やパスタなどの炭水化物は糖質が多くなります。
その他お菓子やケーキ、清涼飲料水なども砂糖が大量に含まれています。

このような糖質を取りすぎると糖化の恐れがあります。
1日の糖質量は体重×1gです。

それ以上、取り過ぎないようにしましょう。

GI値の低いものから食べる

GI値の高いものを空腹時にお腹に入れると急激に血糖値が上がってしまいます。
血糖値が高い状態が続くと糖化しやすいと言われています。

なるべく血糖値を上げない食物繊維の多い食品から食べるようにしましょう。
食べる順番も重要です。

よく噛む

食事をする時はゆっくりよく噛んで食べることで、血糖値をあげないで満腹感を得る事が出来ます。

1口分を口に入れたら。最低30回は噛むようにしてください。
食べ方も重要ですよ。

アルコールに注意

意外と落とし穴になるのがアルコールです。

甘くないし、あてがなかったら、いくら飲んでも大丈夫!

と思っている人が多いかもしれませんがアルコールにも糖質が含まれています。

どうしてもアルコールをやめる事が出来ない人は、なるべく糖質の低いものに変えましょう。

糖質ゼロのアルコールは、蒸留酒、ウイスキー、ブランデー、焼酎、ウォッカ、ジンなどです。

AGEの多い食品は避ける

どれがAGEが多い食品か分からないですよね。
簡単に見分けるには、美味しそうな茶色のものと考えましょう。

例えば、代表的な物が「揚げもの」です。

その他にもホットケーキ、焼き肉、ステーキなど茶色や焦げたものはタンパク質と糖質が熱で糖化している証拠です。

1日の総AGE摂取量の目安は7500~1万キロユニットと言われています。

それ以内に収まるようにしましょう。

AGEの少ない食品

糖化を防ぐには、なるべくAGE含有量の少ないものを食べるようにする事です。
どんな食品がAGE量が少ないのかいくつかご紹介します。

AGEの量(100g中)
ヨーグルト(プレーン) 3
りんごジュース(100%) 2
バナナ 9
トマト 23
牛乳(4%脂肪) 5
きゅうり 31
玉ねぎ(生) 36

上記は極端にAGEの少ないものをご紹介しましたが、調理法によってAGEの量は全然違ってきます。

αリポ酸を含む食品はAGEを抑える働きがあります。
例えばネバネバ食品やほうれん草、トマト、インゲン、ブロッコリー、緑茶などです。

食べる時に酢やレモンを使って血糖値の上昇を抑えることも有効です。

食べ方のコツ

ここで食べ方のコツをまとめてみます。

  • AGEを多く含む食品を食べ過ぎない
  • 例)ベーコン、フランクフルトなどの加工品、オイル、バター、パルメザンチーズなど

  • 血糖値を上げにくいGI値の低い食品を選ぶ
  • 食べる順番を考える
  • 食物繊維→タンパク質→糖質の順番

  • ファーストフードは避ける
  • 清涼飲料水は控える
  • 時間をかけてゆっくり食べる

同じ蒸し料理でも高温で蒸すとAGEが増えますし、電子レンジでも長い時間温めていれば温度が上がるのでAGEが増えます。

オーブン料理も高温なので同じく増えます。

生が一番いいのですが、熱を加えて調理する時は茹でるか70℃前後の低温で蒸して旨みを凝縮させる方法がいいでしょう。

AGEは加熱時間が長いほど増えていきます。

下ごしらえに低温で処理した物をさっと短い時間焼くだけでもAGEの量を減らす事が出来ます。

まとめ

今回はお肌が黄色くなる原因の糖化について詳しく説明しました。
糖化はAGEと言って、全ての食材に含まれています。

AGEを増やすか減らすかは調理法が一番大事になってきます。

そして普段から紫外線対策をして規則正しい生活をする事も大切です。
糖化は老化にもつながるので、糖化の少ない体を作るようにしましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする