エリスリトールとは人工ではない天然の甘味料!虫歯や体に危険性はある?

スポンサーリンク

ダイエットや糖質制限をしていると甘いものを食べる時に罪悪感を感じますよね。

でも甘いものは疲労感をとってくれたり、緊張感をほぐしてくれる癒しの存在でもあります。

そして何より脳にとっても甘いものは必要なんです。

ダイエットや糖質制限中は、白砂糖からエリスリトールに変えたほうがいいでしょう。

  • エリスリトールって何?
  • それって体に危険じゃないの?
  • 虫歯の原因になる?

そんな疑問もあるでしょう。
今回はエリスリトールについてまとめてみました。

エリスリトールとは何か?

エリスルトールとは味噌などの発酵食品やメロンなどの果物に含まれている天然の希少糖です。

甘いのですがカロリーはゼロの天然の甘味料なんです。
ダイエット中の人や糖尿病の人には安心して摂取する事が出来る糖類です。

合成甘味料は不使用で、甘さは砂糖の7割程度になっています。
砂糖に比べるとあっさりしたあと引きのない甘みです。

炭水化物の中に含まれる糖質は、糖アルコールと糖類とその他に分類されます。

エリスリトールはその中でも糖アルコールに含まれます。

体の中に入っても、その90%以上は代謝されずに、そのまま尿中に排泄されるのでエネルギーはゼロと表示できる唯一の糖質です。

世界保健機構では、成人の1日あたりの糖類の摂取量は25gぐらいが健康のためにはいいとされています。

スポンサーリンク

危険性は?

天然とはいえ、やはり
「体に危険性はないのか?」
「子供に食べさせても大丈夫?」

など気になる事が多いですよね。
エリスリトールは砂糖の7割程度の控えめな甘さになっています。

甘いものが好みの人はたくさん使ってしまうと思いますが、摂りすぎには注意が必要です。

1日に40g以下にとどめるようにしてください。
エリスリトールは特に副作用も報告されていませんが、糖アルコール類は摂りすぎると腹部膨満感や下痢の原因になることもあるそうです。

また甘さが控えめなので、白砂糖を足す場合もあるでしょう。
その時は砂糖の分の糖質などが体に影響するかもしれません。

白砂糖は大さじ1杯で35kcalあります。
全てが糖質です。

さらに空腹時に摂取すると血糖値が上がるので太りやすくなります。

エリスリトール自体は、体に危険性はないものの砂糖を足してしまうと体にはよくないようです。

甘いものは癖になるので、食べ過ぎるとどんどん甘いものが欲しくなります。

それが度を超すと肥満や糖尿病などにつながるので、糖分の摂りすぎには要注意です。

虫歯になる?

甘いものは虫歯の原因になると言われています。
では「エリスリトールも甘いので虫歯になるのか?」

これも気になりますよね。
虫歯になる甘味料は砂糖、はちみつ、でんぷん糖などです。

エリスリトールなどの糖アルコール類の甘味料は虫歯にはなりません

虫歯菌は、砂糖のようなショ糖を好みます。

砂糖が含まれている甘いものをたくさん食べると虫歯になりやすいです。

口の中にはたくさんの菌があり、食べ物の糖から酸を作り出し歯を溶かします。

これが虫歯の原因です。
特に飴など口の中に長時間含んで食べるものは、糖分がずっと口の中にある状態なので虫歯菌にとっては絶好のチャンスです。

もちろん歯質も関係してきます。
虫歯になりやすい人、なりにくい人がいます。

一生懸命まめに歯磨きをしても虫歯になる人と朝、出かける時しか歯磨きをしなくても虫歯にならない人がいます。

歯質も関係していますが、赤ちゃんの時に親が自分の食べているお箸で食べさせることで虫歯菌が移ると言われています。

小さな子供さんがいる人はお箸やスプーンは別に使うようにしてください。

まとめ

エリスリトールは体にとっても虫歯にとっても危険な物ではなく安心して食べる事の出来る甘味料です。

太らない甘味料と聞けば、なんとなく合成して作られた体に悪いものを想像してしまいますよね。

でもエリスリトールは、天然成分で出来ているので安心して砂糖の代わりに使ってください。

砂糖より虫歯になる率も下がりますよ。

今回の記事が参考になれば幸いです。
ではまた~♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする