アボカド1個のカロリーや糖質は?脂質も高いのでダイエット中は太る?

スポンサーリンク

アボカドっておいしいですよねー!
私も大好きなんです^^
あのねっとりした食感がたまらないんです。

でも、「森のバター」なんて言われているのでカロリーがすごく高そうですよねー
一体どれくらいのカロリー量なんでしょうか?

食べると太る?そうでもない?ホントのところ、どうなのか調べてみました。

アボカド1個のカロリー

アボカドは一般的にもカロリーが高いことで知られていますね。

その通りで、1個250gの大きさで皮と種をとったら可食部は正味175gです。

アボカドは種が大きいですからね。
そしてそのカロリーは327kcalあります。

これは果物の中でも特に高い方です。
ダイエットには不向きと考えるのも無理のないカロリーの高さですね。

でもカロリーだけでなくダイエットには糖質も大事!
という事でアボカドの糖質も調べてみました。

アボカド1個の糖質

同じく250gで可食部は175gのアボカド1個で、なんと糖質は1.6g

これは驚きですよね。
カロリーは327kcalもあるのに糖質がこんなに低いなんて。

15gのいちご1個の糖質が1.1gなので、それとあまり変わりません(゚ω゚)

糖質制限ダイエットをするにはピッタリの食材ですね。
でもアボカドがなぜこんなに糖質が低いのか?

それは脂質が多く含まれているからです。
では次にアボカドの脂質を見ていきましょう。

アボカドは脂質が高い?

脂質と聞けば、ダイエットの敵のように感じますよね。
でもアボカドの脂質は不飽和脂肪酸であり血糖値が上がりにくいんです。

不飽和脂肪酸は魚の中にも多く含まれている血液をサラサラにする働きがあります。

常温では固まらない性質を持っているので血中の中性脂肪やコレステロールを調節してくれます。

つまり代謝力を上げて痩せやすくする効果が期待できるということです。

脂質の量は、可食部175gで32.7gもあります。

アボカドは別名「森のバター」といわれるぐらいですからこの脂質もうなづけますね。

高カロリーだからダイエット中はNG?

アボカドのカロリーや脂質を知ったら「絶対ダイエット中は食べたらダメな食材」と思うと思います。

ところが、アボカドは高い脂肪燃焼効果を持っているんですよ。
なのでダイエット中には特におすすめの食材というわけです。

さらに食物繊維も多く、美容にもいいと言われているぐらいビタミンもたくさん含まれています。

特にアボカドにはビタミンB群が豊富に含まれています。

まず、ビタミンB1。
これは糖質を分解してくれます。

そしてビタミンB2は脂質を分解してくれます。

ビタミンB6はタンパク質を分解して代謝をよくしてくれます。

三大栄養素をたくさんとると太ってしまうのですが、ビタミンB群をとっていれば太りません。

なので食べ過ぎなければ太る心配は無用だと思います。
ただやはりカロリーは多いので、いくら糖質が少ないといっても何十個も食べるような事はしないでください。

1日に適切な量は1個といわれています。

そんなカロリーや脂質が高いと言われているアボカドにも「アボカドダイエット法」なるものが存在していたんです。

アボカドダイエット

始めて聞いた人もいるかもしれませんね。
私もアボカドダイエットは聞いたことがなかったです。

なんでもデヴイ夫人が挑戦して3か月で6.3kg痩せたそうですよ。
体脂肪も11.3%になったそうです。

ほぼアスリートに近い体脂肪ですね。
アボカド好きの人ならやってみたいダイエット法です。

アボカドダイエットのやり方

ではここからアボカドダイエット法について解説しますね。
カロリーの高い食材なので、やり方を間違えないようにしてください。

やり方は簡単で、朝、昼、夜のどれか1食の食事の前にアボカドを1個食べることです。

ただし注意点があります。

アボカドはご存じのとおり、カロリーが高い食材です。
なので食事の量を減らさないといつもと同じように食べていてはアボカドの分のカロリーがプラスされるので、ダイエットどころか逆に太ってしまう事になります。

なので食事は腹8分目を守ってください。

それにプラス運動もするとさらにダイエット効果があるかもしれませんね。

でもカロリーや脂質の高いアボカドがどうしてダイエットに向いているのでしょうか?
ここからはそれについて解説していきます。

スポンサーリンク

アボカドがダイエットに向いている理由

アボカドの中には食物繊維がたくさん入っています。
なので腸を綺麗に掃除してくれる事。

これによって腸が老ける事がありません。
まずこれが一番です。

その次に脂肪を燃焼するカルニチンという成分が含まれている事です。

アボカドを食べる事で、このカルニチンが増え効率的に脂肪を燃やしてくれるのでダイエット効果が早まります

さらにアボカドにはオレイン酸が含まれているので体の酸化を防いでくれます。

つまり綺麗に痩せる事が出来るというわけです。
その他にもオレイン酸にはがんや生活習慣病を予防する効果もあります。

それと先ほど言ったビタミンB群の働きが脂肪をけちらしてくれます。

より効果を高めたい時は、パンやお肉と一緒に食べたり、天ぷらにしたりすると脂肪燃焼効果があがりますよ。

でもアボカドって選ぶのが難しくないですか?
私も時々失敗します。

帰って割ってみたら中が真っ黒で食べれなかったり、実がまだ熟していなくて硬すぎて食べれなかったり・・・
そこでアボカドを上手に選ぶ方法も書いておきますね。

アボカドはどんなものを選ぶべき?

私もよく買うのですが、アボカドは熟しているかどうかを見極めるのが難しいです。
すぐに食べる時は、黒っぽくなっている物を選んだほうがいいですね。

すぐに食べない時は、緑色の物を選んでください。

アボカドは緑色からだんだん黒くなって熟していきます。
といっても、あまり真っ黒な物は選ばない方がいいです。

熟し過ぎている可能性があるからです。

表面にツヤとハリがあって少し黒味ががっているものがちょうどいいかもしれませんね。

私はいつも軽く触ってみます。
少し、柔らかくなっているぐらいのものを選ぶようにしています。

皮がシナシナになっているアボカドは、中が真っ黒になっている可能性が高いですよ。
そうなると味も苦くてまずいです。
十分注意して選んでください。

アボカドを選ぶ時のポイント

皮の色・・・全体が黒っぽいもの
硬さ・・・柔らかく感じるもの(なすびと同じぐらいの柔らかさ)
ヘタ・・・身から浮いているもの

最初からヘタが取れているものは中身が傷んでいる可能性があるので注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

アボカドが苦手な人も1日1個なら、頑張って食べてみようかなって気になってきましたか?

美容と健康のためにも自分で食べやすいようにアレンジして挑戦してみてください。

私も最初は苦手だったのですが、今ではそのままでもスプーンですくって食べれるぐらいにまでなりました。

よく生ハムにくるんだり、わさび醤油で食べたりする人もいますが、それは人それぞれ好みがあるので無理のないように色々試してみたらいいと思います。

ダイエットしたい方は1日に1個を守ってくださいね。
そして食事の量もその分減らすようにしてみてください。

そうするとダイエットに失敗する事もないと思います。

今回の記事が参考になれば嬉しいです(*´▽`*)
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする