豆腐の木綿と絹ごしでカロリーが高いのはどっち?糖質や含まれる栄養の比較も!

スポンサーリンク

豆腐を嫌いな人はいないと思います。
結構、ヘルシーなイメージがあり、みそ汁、湯豆腐、冷や奴など万能に使える食材ですからね。

それに安価なところも家計には大助かりの食材です。
でも豆腐の中には木綿豆腐と絹ごし豆腐があります。

火を入れて食べる時は木綿豆腐、そのまま食べる時は絹ごし豆腐と分けていると思いますが
カロリー糖質栄養はどっちが高いのだろうって気になったことはありませんか?

そこで今回は木綿豆腐と絹ごし豆腐一丁のカロリーや糖質、栄養を比較してみました。
豆腐でダイエットをしようと思っている人は参考にしてくださいね。

豆腐一丁のカロリーや糖質、脂質

豆腐1丁は300gです。
そのカロリーや糖質、脂質は・・・

カロリー 糖質 脂質
木綿豆腐 216kcal 3.6g 12.6g
絹ごし豆腐 168kcal 5.1g 9.0g

何と脂質がこんなに高い!

ヘルシーだと思って毎日、湯豆腐や冷ややっこばかり食べている人は要注意ですよ。

特に木綿豆腐はカロリーも脂質も高いので湯豆腐にする時は絹ごし豆腐に変えた方がいいでしょう。

豆腐はあんまり満腹感のない食材なので、たくさん食べてしまいますからね

それこそ、湯豆腐なんてしたら1丁ぐらいはペロッと食べてしまいますよね。
もしかしたら2丁ぐらい食べている人もいるのではないでしょうか?

そうするとカロリーも脂質も倍になります。
食べ過ぎるのはよくないってことですね。

木綿豆腐と絹ごし豆腐のカロリーと糖質、脂質の違い

なぜ木綿豆腐と絹ごし豆腐でこれだけ違うのか?

これはなぜかというと、木綿豆腐は凝固剤を加えてから重石をして水分を切っているのに対し、
絹ごし豆腐は濃厚な豆乳を凝固剤でそのまま固めているんです。

なので絹ごし豆腐は水分を多く含んでいるため、木綿豆腐よりカロリーが少なくなっているんです。

舌触りも全然違いますよね。
絹ごし豆腐の方が糖質が高いのは、豆乳が多いせいでしょう。

では今度は栄養を比べてみましょう。

スポンサーリンク

木綿豆腐と絹ごし豆腐の栄養の違い

豆腐は大豆からできているので栄養価が豊富だという事は、みなさん知っていますよね。
どんな成分がどれくらい入っているのか下記の表を見てください。

可食部100gです。

木綿豆腐 絹ごし豆腐
タンパク質 6.6g 4.9g
脂質 4.2g 3.0g
食物繊維 0.4g 0.3g
カリウム 140mg 150mg
カルシウム 86mg 57mg
マグネシウム 130mg 55mg
リン 110mg 81mg

この表には載せていませんが、木綿豆腐は水分が少ない分、ビタミンE、カルシウム、鉄分が多くなっています。
それに対し、絹ごし豆腐はビタミンB1、B2が多めになっています。

大豆からできているのでタンパク質はさすがに多いですね。
豆腐のタンパク質は植物性なので動物性のタンパク質とバランスよく摂るようにしてくださいね。

カリウムは体の中の余分な水分や塩分を排出してくれるので、その点では豆腐は優秀です。
でもカルシウムの量が木綿豆腐の方がすごく多いのには驚きですね。

カルシウムは骨や歯の形成に役立つだけでなく、イライラの解消にもつながります。
イライラする人は木綿豆腐を食べた方がいいですね^^

そしてマグネシウムの量にもすごく差があります。
マグネシウムは、血管を拡張させて血圧を下げたり、血栓を作りにくくしたりする働きをしてくれます。

血圧の高い人は絹ごし豆腐より、木綿豆腐を選んだほうがいいですね。

まとめ

豆腐も100gだとそんなにカロリーも多くなくて、やはりヘルシー食材の仲間と言っても問題ないですね。

でもダイエットをしようと思って毎晩、湯豆腐を2丁も食べるとあまり効果はないと思いますよ。

バランスよくいろんなものを食べる方が結果的に痩せやすい体を作ってくれます。

単食ダイエットは栄養が偏るのであまりおすすめできません。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする