しいたけ1個のカロリーと糖質!栄養はあるの?タンパク質や炭水化物もチェック!

スポンサーリンク

ダイエット食材として有名なしいたけ。
でもしいたけばかりを食べるというのはNGです。

それは栄養が偏るからです。
ではダイエットに向いていると言われている、しいたけのカロリー、糖質はどれくらいあるのでしょうか?

そしてダイエットにをする時に気になる炭水化物、タンパク質がどれぐらい含まれているのでしょうか?
ダイエットには、タンパク質も大事ですよね。

では世間の噂通り、しいたけがダイエットに向いているのか?
カロリー、糖質の順番に見ていきましょう。

しいたけ1個のカロリー

しいたけ1個も大きさによりますが、だいたい15gぐらいでしょう。

そのカロリーはたった2kcalです。


1個だけ食べる事は少ないと思うので100gのカロリーも載せておきますね。

しいたけ100gのカロリーは19kcalです。


さすが、ヘルシー食材の代表格ですね。
しいたけだけ食べていれば痩せると思う人が多いのも納得できるカロリー量です^^

でもしいたけだけだといくら食べてもお腹いっぱいになりませんよね。

低カロリーだから、たくさん食べても安心と言って食べ過ぎると「あれ?」ってことになりますよ。

それにしいたけは味がないので、煮物など濃い味付けにしてしまうといくら低カロリーのしいたけでもカロリーが上がってしまいます。

味付けには要注意です。

しいたけのカロリーが低い事はわかりました。
カロリーが低くても糖質が多かったら、ダイエット食材には向きません。

ではしいたけの糖質はどれぐらいあるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

含まれている糖質は?

先ほどと同じで1個15gの糖質を見ていきます。

含まれている糖質量は、たったの0.2gです。



これもとても低いですよね。
100gで見ても1.5gです。

しいたけの100gは約10個ぐらいですね。
しいたけだけ10個はちょっと飽きそうです(笑)

低カロリー、低糖質ならもう完璧なダイエット食材です。

でもこれも先ほど言ったように濃い味付けにしてしまうと糖質の量も上がってしまうので要注意です。

ダイエットにはカロリー、糖質も大事ですがタンパク質も大事です。
なので、タンパク質の量も見ていきましょう。

しいたけに含まれる栄養

しいたけにはカリウムが含まれているので、むくみの解消に役立ちます。

その他にもエリタデニンというしいたけ独特の成分が、血液をサラサラにし動脈硬化の予防に効果があると言われています。

このエリタデニンは血圧を抑制する効果もあります。
血圧が高めの人には、嬉しい成分ですね^^

それに食物繊維も豊富なので、腸を活発にして便秘を解消する事ができます。

しいたけを嫌いな人は、結構いると思いますが栄養が豊富な上にローカロリーなので食べ方を工夫して食べるようにしましょう。

しいたけにはこれだけでなくタンパク質炭水化物も入っているんですよ。
どれぐらい入っているのか見ていきましょう。

タンパク質の量は?

タンパク質も100gで見ていきます。
100gだと、しいたけ約10個ですね。

しいたけ100gの量でタンパク質は3g含まれています。



ちなみに植物性タンパク質と聞いて一番に出てくるのは「大豆」ではありませんか?

その通りで大豆100gに含まれているタンパク質は33.8gです。

比べてみるとしいたけより大豆の方が多いですね。
でもその分、カロリーはアップします。

ダイエットには筋肉が重要です。

筋肉は脂肪を燃焼する働きがあるからです。
その筋肉を作る上で欠かせないのがタンパク質!

でもタンパク質は筋肉だけではなく体のあらゆる細胞を作る上でも欠かせない重要な栄養成分です。

人間の体に重要な三大栄養成分の一つですからね。
では炭水化物の量はどうなんでしょうか?

炭水化物の量は?

しいたけに炭水化物が含まれているのか?
気になりますね。

しいたけ100gの炭水化物量は5.7gです。

しいたけ1個でみてみると15gで0.7gです。



炭水化物の中には、糖質も含まれるので先ほどの糖質の量を引くと0.5gが食物繊維という事になります。

炭水化物は糖質と食物繊維を足したものだからです。
しいたけは食物繊維が豊富に含まれていると言われていますよね。

100gも食べると食物繊維は4.2g

これが多いのか少ないのか、他の食材と比べてみましょう!
「食物繊維が多い食材!」と言えばこんにゃくが一番に出てきませんか?

そのこんにゃくの100g中に含まれる食物繊維は2.2gです。

しいたけの食物繊維がいかに多いかお分かりいただけるでしょう^^

しいたけのウンチク

ここからはしいたけはどうやって作っているのか?
その栽培方法について調べてみました。

実は、しいたけの栽培方法は2種類あります。
菌床栽培原木栽培です。
それぞれ説明しますね。

菌床栽培

オガクズに米ぬかやふすまなどの栄養源を混ぜた人工の培地で栽培する方法です。
原木栽培より味が少し劣っていると言われていますが、低価格なのがメリットです。

原木栽培

天然の木に菌を直接、植え付ける栽培法です。
この方法はほぼ天然に近いと言われています。

山林で栽培されるので、自然のサイクルに合わせて育っていきます。
そのため、気象条件などによって収穫の時期や価格が安定しません。

この栽培法の違いでもカロリー、糖質、炭水化物、タンパク質の量が変わってきます。
どれぐらい違うのか100gあたりで見てみましょう。

菌床栽培 原木栽培
カロリー 19kcal 23kcal
糖質 1.5g 2.1g
炭水化物 5.7g 7.6g
たんぱく質 3.0g 3.1g

原木栽培の方が、すべてにおいて量が高くなっています。
カロリー、糖質を重視する人は菌床栽培のしいたけを食べた方がよさそうですね。

菌床栽培の方がお値段も安いので家計には助かりますよね。
スーパーで売られているしいたけは、ほとんどが菌床栽培のしいたけです。

原木栽培で作られてしいたけは、「原木栽培」と書かれています。

しいたけは洗う?

突然ですが、あなたはしいたけを調理する時に洗いますか?
これは今さら誰にも聞けない質問だと思います(汗)

私はずっと洗っていたのですが、実は洗わなくてもそのまま調理する事が出来ます。

しいたけは農薬を使っていないし、おがくずや原木で作られているので土がついていません。
気になる人はふきんで表面をサッと拭くだけでOKです。

それでは、最後にしいたけのおすすめレシピをご紹介します。

しいたけレシピ

今回は、ダイエット向きなヘルシーレシピです。

焼きしいたけ

材料(1人分)

生しいたけ 2個
大根おろし 50g
しょうゆ 小さじ1/4
レモン 半月切り 1枚

作り方

  1. しいたけは軸を切り落とす。
  2. 焼き網を熱し、しいたけにうっすら色がつくまで両面を焼く。
  3. 焼いたしいたけを半分に切り、大根おろし、しょうゆをかけてレモンを添えれば完成!

焼くだけという超簡単手抜き料理^^

このレシピで14kcal、糖質が2gです。


おかずの1品にしても低カロリー、低糖質なので安心して食べる事が出来ますね。

まとめ

今回はダイエット食材として人気の高いしいたけを取り上げてみました。

噂どおり、低カロリー、低糖質でしたね。
それに食物繊維も豊富なのでしいたけを食べる時はお水もたくさん飲むようにしてください。

そうすれば腹の中でしいたけの食物繊維が膨らんで、満腹感を得る事が出来ますよ。
腸のお掃除もしてくれるので便秘も解消します。

でもくれぐれも「しいたけだけ!」という食べ方は栄養不足になるのでやめてください。
逆に体がエコモードにはいり、痩せにくくなります。

レシピの中に加えることでかさ増しして、カロリーや糖質を抑える事が大切です。

今回は以上です。
ではまた~( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする