ごぼうの栄養と効能!食物繊維は豊富だけどカロリーと糖質は意外と高い?

スポンサーリンク

ごぼうは食物繊維が豊富という事で有名ですが、その他の栄養はあまり知られていません。

「ごぼうにはどんな栄養が含まれているのか?」気になりませんか?
そしてその効能についても・・・

それにごぼうは根菜類なので、意外とカロリーや糖質が高いと言われています。
いったいどれぐらいあるのでしょうか?

今回のテーマはごぼうです。

ごぼうの栄養

ゴボウの代表的な栄養素は食物繊維ですね。

その量は100g中に生の状態で5.7g


この量がどれだけ多いのか、筑前煮などでよく一緒に炊き合わせる根菜100gと比べてみましょう。

食材 食物繊維(g)
ごぼう 5.7
人参 2.4
れんこん 2.0

倍ほどの食物繊維量ですね。

食物繊維は腸のお掃除をしてくれる大事な栄養素ですが、その種類は2種類あります。

不溶性食物繊維水溶性食物繊維です。

この両方の食物繊維をバランスよく摂ることで、ブドウ糖の吸収を緩やかにしたり、腸内の善玉菌のエサになります。

不溶性食物繊維が便のかさを増し、水溶性食物繊維が便を柔らかくして排便を促します。

ごぼう100g中の食物繊維:5.7g

不溶性食物繊維:3.4g
水溶性食物繊維:2.3g


ごぼうには、この両方の食物繊維が含まれているので根菜類の中でも優秀な食材ですね^^

その他の栄養も見てみましょう。

量(g)
カリウム 320
カルシウム 46
マグネシウム 54
リン 62

ミネラル系の栄養素は豊富ですが、逆にビタミン系の栄養素はほとんど入っていません。

ごぼうを食べる時はビタミンが多い葉物野菜と一緒に食べるといいですね。

ビタミンもミネラルも直接、体を作る栄養素ではないのですが、 タンパク質や脂質の働きをサポートする役割をします。

なので、いろんな食材をバランスよく食べる事が健康的に痩せる秘訣です。

ではこれらの栄養素にはどんな効能があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

効能

ごぼうの効能といえば、一番に便秘解消!が思いつくと思いますがそれだけではありませんよ。

ごぼうにはたくさんのカリウムが含まれているので、体の中の余分な水分を排出してむくみを解消し、血圧を下げる働きをします。

そしてごぼうにはイヌリンという成分があります。

このイヌリンには利尿作用があるので、カリウムと同様の働きをします。
腎臓が悪い人は、利尿効果のあるごぼうを食べましょう。

その他の効能としては、疲労回復効果があるとも言われています。

その理由はアルギニンです。

アルギニンはアミノ酸の一種です。

このアルギニンは他のアミノ酸と共にエネルギーを効率よく生み出してくれるので疲労回復を早めてくれると言われています。

ではダイエット中でもたくさん食べて大丈夫なのか、今度はカロリーを見ていきましょう。

カロリー

ごぼう1本は中サイズで200gぐらいあります。

そのカロリーが117kcal

1本ぐらいは筑前煮でもきんぴらでも食べれる量ですね。
食物繊維のところで比べた同じ根菜類100gと比べてみましょう。

カロリー(kcal)
ごぼう 65
人参 36
れんこん 66

れんこんとごぼうが同じぐらいのカロリーですね。
根菜類は葉物野菜に比べると、カロリーが高めです。

どれぐらい違うのか、今度は葉物野菜100gと比べてみましょう。

カロリー(kcal)
ごぼう 65
小松菜 14
チンゲン菜 9
ほうれん草 20

こうやって比べると、よくわかると思います。
でもカロリーは高いですが、同じ100gでもごぼうの方が食べごたえがあるし、咀嚼回数が増えるので腹もちもいいです。

葉物は炒めたり、ゆがいたりするとかさが減ってしまいますからね。
カロリーはそこそこあるごぼうですが、糖質はどうなんでしょうか?

根菜類は糖質が意外と高いと言われています。

糖質

ごぼう1本(中サイズ200g)だと、糖質は17.5gです。


ごぼうは何も味付けをしていない状態で食べても甘みを感じません。
それなのに糖質があるんですね。

ちなみに甘みのある人参とごぼう100gで比べてみましょう。

人参:6.3g
ごぼう:9.7g

人参よりも糖質が高いんですね。

ところがよく似た使い方をするれんこんと比べてみると、糖質は低いんです。

れんこん100g中に含まれる糖質は13.5gです。

ダイエット中は食物繊維の量から見ても、れんこんよりごぼうを選んだほうがよさそうですね。

ではダイエット中のおすすめのごぼうの調理法はどんなものがいいのでしょうか?

おすすめの調理法は?

カロリーと糖質を考えたら筑前煮は、ダイエット中は避けた方がいいかもしれません。
根菜類が多いのでカロリーも糖質も高くなります。

それに調味料も結構使いますからね。

ダイエットには最適な食材のごぼうを効率よく食べるなら豚汁ですね。

それぞれ家庭によって使う野菜は違うと思いますが、豚汁にはたくさんの野菜をつかいます。
それに豚肉も入っているのでビタミンBも取れて一石二鳥!

体の中も温めてくれて、お汁を飲むことで満腹感を得ることもできます。
ごぼうを食べる時は、ぜひ豚汁にしてください^^

まとめ

今回はごぼうの栄養や効能を中心にカロリー、糖質も調べてみました。

やはり噂通り、カロリー、糖質は高かったですね。

でもごぼうには食物繊維がたくさん入っているので、ダイエット中は積極的に食べたい食材です。

葉物野菜と組み合わせて食べるようにすれば、ビタミンも補う事が出来ます。

薄い味付けにするなど、工夫してごぼうをレシピに組み込んでください。

くれぐれも偏らないように!

今回は以上です。
ではまた~( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする